カワリモノ息子の技術メモ的な〜

学校が苦手な息子君の作品いろいろをパートタイムエンジニアの母が綴る

小6息子くんセキュリティシステムを作った

今月頭にあったコンテスト授賞式では秋葉原に滞在しました。
↓コンテスト授賞式
siroitori.hatenablog.com

秋葉原でショップ巡りをして息子君がゲットしたもののひとつに、「回転灯」がありました。いわゆるパトランプです。1500円でした。
これが安いのか高いのかわからないですが、店頭に「特価」で出てて、他を見ると何千円してたからなんだか安そう~。

f:id:toriko0413:20190414224550j:plain

自宅に帰り、早速工作をはじめようと息子くん。

ん?この接続端子は初めて見たけど何なんだ????

私はプログラミングは専門だけど、機械系は全然わかりません。
電子工作もよくわかってません(;´・ω・)
お母さんも調べて~と頼まれ、わからないなりにネットで色々調べてみました。

そして接続端子は「差込型ピン端子」ということが判明。

その後も息子くんどうやって何を作るか一生懸命調べていました。

それから、「リレーモジュール」というものと単三電池が8個入る電池ボックスがが必要だ!買いに行きたい!と言われ、
私はなんのこっちゃわからぬまま息子に言われるままに地元の電子パーツ屋さんにつれて行きました。

リレーモジュールとはなんぞや私はさっぱりわからなかったのですが、息子くんも使うのははじめて。
店のおじさんにもアドバイスをもらいながら購入。

そしてそれらをまずはArduinoにつなげてみてました。

f:id:toriko0413:20190414230217j:plain

光った!成功ー!
Arduinoは、Lチカのサンプルプログラムそのままを使って動かした」て言ってました。
光ったり消えたりしてました。

リレーモジュール、直つなぎしてます。
本当は基盤にはんだづけしたかったんですけどね、穴とピンの位置がどうにもこうにも合わなくて?できなかったんです・・・
店のおじさんは大丈夫だって言ってたんですけどねぇ。何かこつがあるのかしら。今度電子工作の先生に聞きます!

そして次の日。
パワーアップしてました。

f:id:toriko0413:20190414232130j:plain

前を通りかかると、人感センサーが検知してパトランプが光ります。
なおかつWebカメラがシャッターを切り、画像が侵入者検知メールで送られてきます。

↓ 送られてくるメール(この写真は息子くんが相棒のぬいぐるみを掴んでいる)
f:id:toriko0413:20190414234213p:plain

今度はArduinoではなくRaspberry Pi(ラズパイ)で制御しています。
pythonで、人感検知とランプ点灯・カメラ撮影・メール送信をやっているとのこと。

さきほども書いた通り私電気的な接続のことはよくわからないので、息子くんが一生懸命説明してくるけど「ふーん、ふーん」と生返事をしていたら、なんと、鉛筆を持たせたら泣き出すくらいのあの書字嫌いの子が私によくわかるようにと紙に書いてくれました!

f:id:toriko0413:20190414234959j:plain

わからないことばっかりだったのがだいぶわかった!

息子くん私に伝えられたことがとても嬉しかったみたいです。
技術力はあるもののなかなか文章や表現が苦手でそれがコミュニケーションに影響している息子くん。
こうやって説明する力がちょっとずつ鍛えられたりするのかなと思って、私もとても嬉しくなりました。

にしても我が子ながらこんなのを作るところがおもしろい。

そして一番面白いのは、セロハンテープで接続されているところ。。。

f:id:toriko0413:20190414235456j:plain

そしてこれは勘弁してほしい!ガムテープで家具にひっつけられた。

f:id:toriko0413:20190414235655j:plain

案の定、テープがはがれて一日しか維持できませんでした。ちゃんちゃん。
はんだ付けしてまた出直しまーす。

ああ私も電子工作について基礎からお勉強したい!!

ご紹介

Arduino(アルデュイーノ)

我が家のArduinoは互換機です。

siroitori.hatenablog.com

Raspberry Piラズベリーパイ)

ラズパイはおもしろいことたくさんできます。

息子くんのラズパイ関連記事
siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com



スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小6息子くんプログラミングコンテストでマイクロソフト賞受賞しました

じゃじゃーん!
なかなか書くのが遅くなってしまいましたが、4月になり、息子くんは晴れて小6息子くんとなりました。
これからどういう進化をとげるのか!いったいどこに向かっていくのか!
あたたかく見守ってください。

さて、今回はまたまた息子くんコンテストで受賞したよという話です。
最近運がいいです。

最終選考・表彰式

f:id:toriko0413:20190410221226j:plain

micro:bit×NECレノボ・ジャパングループ キッズ・プログラミングコンテスト
という名前のコンテストです。
micro:bitの作品が審査対象。

2月末に最終選考対象に選ばれたとの通知を受け、先日4月3日に秋葉原にて最終選考・表彰式が行われました。

f:id:toriko0413:20190410221251j:plain

「自由部門」「課題解決部門」それぞれ4作品がノミネートされていました。
それぞれの作品を展示する場所があり、そこに当日持ち込んだ作品を展示します。

f:id:toriko0413:20190410221725j:plain
↑ 展示する息子くん

今回は、審査員による展示作品の審査のほかにプレゼンもありました。

息子くんの作品は「自由部門」の1番目でした。
緊張せずに最初に終わるからよかったーと心で思いながら。
審査員のお偉い方々を前に、プレゼンします。

f:id:toriko0413:20190410222006j:plain

息子くん、プレゼンは特に上手ってわけではないけど、堂々としてていいね。

しかしじつは今までのコンテスト思い出してもプレゼンは彼の鬼門なんです・・・。
息子くんのこだわり炸裂してプレゼン資料のパワーポイントに周りの意見を入れてくれないからなぁ。。
今回も制限時間5分だったのでもっと内容を詰め込めばよかったのに、2分くらいで終わったし。
そのあたり今後成長するのかしら、しないのかしら。
だけど「彼らしく」やれて良かったと思いました。

全員のプレゼンを聞いた後は、展示作品の審査と個別質問タイム。

f:id:toriko0413:20190410222914j:plain
レノボ・ジャパンの社長、デビット・ベネット氏とお話しています!

いよいよ審査結果発表。
息子くん「マイクロソフト賞」でした。
やったーーーーーー

f:id:toriko0413:20190410223224j:plain

最優秀賞ではなかったですが、息子くんMicrosoftが凄いのでこの名前の賞に大興奮。
マイクロソフトの偉い方に賞状と副賞をいただきました!
興奮しました~。

いただいた副賞は、Microsoft純正のヘッドフォン。
以前から個人的に気になっていた、ノイズキャンセリング機能付き!!

↓ コレ

飛行機で来たのでその日はホテルに宿泊でした。
興奮冷めやらぬテンション。

f:id:toriko0413:20190410224205j:plain

作品内容

肝心の作品!

f:id:toriko0413:20190410225941p:plain

以前このブログで紹介したものです。
siroitori.hatenablog.com

あーなんかこの記事では私が発案したみたいになってますが(;´・ω・)
私が言ったのは「トイレットペーパーの形ダイナマイトみたいだから爆弾とかなんかできそうじゃない?」くらいです。
息子くんダイナマイトの画像検索して色を合わせて、工夫してました。

とはいえ、はい、正直「これが!?」て感じでしたよ。息子くんも私も。
プログラム自体は本当にたいしたことないので・・・
ビジュアルの良さが高評価につながったんだろうなと思いました。

それと受賞時にいただいたコメントでは「ケーブルを外すというオペレーションで遊ぶという発想が意外」と言われました。なるほど。

micro:bit(マイクロビット)

息子くんのマイクロソフト

息子くんのマイクロソフト大好きさがわかる記事はこちら。
将来はOSが作りたいと言っています。

siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com
siroitori.hatenablog.com

賞品のヘッドフォン、あれから毎日使ってます。

有難うございました!


スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小5息子くん画像認識超入門してた

日経Linux2019年3月号。

f:id:toriko0413:20190401011213j:plain

このなかの記事「ラズパイで学ぶ画像認識超入門」という連載記事に息子くんの興味センサーが反応した模様。

しかしこの記事、連載の最終回。
私だったら毎回読んでない連載の最終回の記事とかきっとわからんからとばそーって思うんだけど、
こんなのに興味を持つんだなぁという感想。

f:id:toriko0413:20190401005024j:plain

記事では、モンブランの120枚の画像を学習させて、新たな写真からモンブランが写りこんでいる判定をするというもの。
OpenCVというライブラリを使用しています。
(そういや私、大学では画像処理を専攻しててOpenGLなら大学の時使ってたわ。)

たしかに興味深いのだけど、なんかよくわかんなそうだよ。。

でもそこを果敢に挑む姿は我が子ながら感心します。
ひとつ言えば、ちょっと行き詰った時に「おかあさんも調べて!」とギャーギャー怒り出さないといいのですけどね。。
私も家に居るとはいえ在宅で仕事中なんですけど・・・と。
そして仕事が終わったら一緒に考えてあげるのですが、知識量はジャンルによって偏りはあるものの、ことラズパイとかに関しては私より息子くんのほうがよく知っててあまり役に立たないのです…。
しかも私は在宅の仕事もプログラミングしてるので、仕事終わってもまた仕事のような、ずっと仕事が終わらない感覚に陥るわたし。
ま、子育てしながら技術が身につくと思えばこんないいことはないんですけども。

それはさておき。
さて!まずは本にのってるpythonのプログラムを実行しよう!
というときに、あれ、うまく動かない・・・?
pythonのバージョンの問題だったようで3.xが入っていたところを2.7に変えてクリアしたそうな。

次に大きくつまづいていたのが、大量の画像を学習させるときの操作。
本にはちゃんと左上をクリックして右下で離す、って書いてるのに、
右上から左下に操作していたようで、「ならん!できん!なんでだー!!」と時間を費やしていました。
内部の値をデバッグ出力かなんかしてマイナスになってるのを見て間違いに気がついたらしい。

↓ちゃんと書いてるw
f:id:toriko0413:20190401010355j:plain

そのあともいろいろ試行錯誤の上、ついに「やっとうまく動くようになった!」と息子くん。

見せてもらいました。

f:id:toriko0413:20190401010223j:plain

画像の中に学習させた対象がある箇所を赤で囲むようになるらしいです。
今回は、ラズパイマガジンの画像を学習させたうえで、この画像を認識させた結果がこれであると。

赤い四角が3つ?!

うーん、使用例が悪いのもあるよねー。ちゃんとできてるのかどうかよくわからん。。
でもある程度ちゃんと動いてそう。ここまでできたのだけでもあっぱれ(^^
これからさらにいろいろやってみよう♪






さいごに

スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




小5息子くん3Dグッズ屋さんをする

先日福岡にて、こどもたちの手で作る「wakuwakuマルシェ」なるイベントに参加してきました。

息子くんは、3Dプリンタでいろいろなものを出力して販売する「3Dグッズやさん」をしました。
置物・スマホスタンド・キーホルダー、などなどを出品しました。

f:id:toriko0413:20190330183426j:plain

どっちゅんラボの3Dグッズやさん。
どっちゅんラボ…構成員が私と息子くんのチーム名です。

ちなみに字はその場で書いた私の字。息子くんは書字が超苦手で基本パソコンでしか文字を書きません。

f:id:toriko0413:20190330182932j:plain
ただのちらかってるテーブルにしか見えない・・・

このイベントに息子くん自身意欲的な気持ちで参加!と手を挙げたのですが、参加を決めてからなかなか準備がすすまない…予想はしてましたが。

3Dプリンタ出力はわりと時間がかかるので、早くしといたほうがいいよ~って常に声かけてたんですけど、結局は最後の最後でどたばたの製作。

そしてバタバタしはじめて開催2日前に急にプリンタ出力ができなくなってしまい慌てるという事件発生!
いろいろと調整をしてでるようになってホッ。

本当はお店の名前とかも3D出力してスタンドにして立てたいなとか、もっと飾りをつけたいなとか私の思いがあったのですが。

そこは息子くんの成長のためと手を出さずに見守る姿勢を貫き本人に任せたら、こんな感じ、まぁ売るものはできたからいいんですけどね(-_-)

プリンタ出力ができなくなった事件については、出力データの作成ミスで地面に着地してないものがあってそれをサポートなしで出力したものだからぐちゃぐちゃになってちょっと焦げたようになり、それ以降ヘッドをきれいにしても出なくなってたんです。あーだこーだやってどうやらZ軸がずれてしまってたのが原因と分かり、調整をして無事に出るようになりました。勉強になりました。

直前で慌ててしまい「早くやっといたほうが良かった~」ってちょっとは思ってくれたかしら?

ま~私自身もわりと後回しにするタイプなので人のことはあまり言えんですけど(;^ω^)

f:id:toriko0413:20190330190231j:plain
↑ 予約販売商品にした、オーダーメイドwのおなまえキーホルダー。白なので、あとでお好みの色で着色できて良いです!

当日はなんとグッズ完売しました♪♪

売上金を見て息子くん、ほくそ笑んでます。


ほかにも、キッチンではタピオカドリンクを作ってくれたり、ケーキや食事もあったり、マグネット式のお魚釣りコーナーだったり、オイルハンドマッサージだったり、フェイクスイーツ作成の体験だったり、手作りポストカードの販売だったり本当に大満足でした。

ぜーんぶ、こどもたちがやってるんですよ!

このイベント、じつは学校を苦手としていたり、ホームスクーリングの子だったりのコミュニティで開催されたものなんです。

私自身もお母さん同士のつながりができて本当に良かった。
子供も意欲溢れるいい子ばかりだったし、お母さん方もあたたかい雰囲気の方ばかり。

本当に参加して良かったです。

うちの息子くんは技術力は高くてもコミュニケーションだったりいろいろと「難」が多くて、親としては不安が尽きないんです。
だけど、これからも子供を信じて頑張ろう!と思えたのでした。

イベント関連

去年(2018年)、「こどもばんぱく」というこどもが企画するこどものためのイベント(福岡)では、マインクラフトのワークショップを行ったこともあります。
siroitori.hatenablog.com

2019年「こどもばんぱく」はパワーアップします!!
息子くんは今年は出展はしないことにして運営委員になりました。ホームページの更新とかを担当しています。
主催の中学生の中井けんとくんと一緒に、頑張っています。
↓このホームページに関わっています
kodomobanpaku.main.jp

雑誌やテレビでも取り上げていただいています。
絶賛クラウドファンディング中です。子どもたち頑張っています。応援よろしくお願いします。
camp-fire.jp

↓「こどもばんぱく」主催の中井けんとくんのブログはこちら
patakokun.hatenablog.com

3Dプリンタ関連

使用しているプリンタ

使用しているフィラメント

スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村








小5息子くんの絵本を振り返る

マニアックな小5息子くん(もうすぐ小6息子くん)が今までに好きだった絵本・読み聞かせ絵本を思い出して書きたいとおもいます。

ねんねのころ

いないいないばあ、いいおかお、もうねんね

定番、松谷みよ子さんのあかちゃんえほん。

ねんねのころ、というより、わりと幼稚園に入るくらい大きくなってからのほうが一生懸命見てた(聞いてた)かもしれません。
言葉の発達がわりとゆっくりだったのもあるでしょうね。

幼稚園のころ

ころわんが はる みっけ!

幼稚園からもらってくる本をほぼ毎日寝る前に一緒に読んでいました。
とくに、この本は好きだったので今でも本棚にあります。
ざりがにの「じょきじょきさん」が気に入っていて、ことば選びがいいなーと思っていました。

今もそうですがメルヘンな絵柄とほんわかしたお話はわりと好きみたい。

幼児雑誌

あとは、雑誌の「めばえ」から「幼稚園」まで。
たいがい付録目当てで買って、あと雑誌の中身は夜寝るときに一緒に読んでいました。

そういえば私自身の話なんですが小さいころの憧れの職業、マジシャンか、付録を作る人になりたいなぁと思っていました。
親に聞いてもなりかたを教えてくれませんでした。
ていうか付録を作る職業につける方法を知ってる人なんて身近には普通いないですよね。
今はネットで何でも調べられる便利な世の中です。

ひょうたんハウス

衝撃だったのがこの「ひょうたんハウス」
www.fukuinkan.co.jp
年長さんのころだったかな。
本を読んで、はじめて、ゲラゲラ笑う姿をみました。
よほどおもしろかったみたいです。
関西弁でたしかに面白い本ではありますが、息子のツボがいまいち謎だなと思ったのでした。

小学校低学年のころ

笑える本や、イラストで読める本が好きになる。趣味が私に似てきたかも。

wasimo

テレビでもありましたね!
個人的にクドカンの脚本はすべて好きです。
息子くん小学1年生の雑誌で新連載のwasimo第1話を読んでからハマりました。

りんごかもしれない、このあとどうしちゃおう

ヨシタケシンスケさんのは持ってるのは2冊だけど全部読んでると思う。





100かいだてのいえ、ちか100かいだてのいえ

100かいだてシリーズもいいよね。





かいけつゾロリ シリーズ

これぞ小学生の鉄板!!
ゾロリシリーズは長いので息子くんが自分で読んで好きだったというだけで、読み聞かせはしてません。


迷路アドベンチャートムとジェリーのドッキリ迷路、おばけのめいろあそび

そして前から好きだった迷路。
「おかあさん読んで~」て持ってこられても、読み聞かせる部分がないんだけど!







小学校中学年のころ

日本の工業・デジタル機器

図書館で借りてきた本も読む。
息子くんセレクトではいつもこういう本しか借りてこない。





こども大百科 大図解

このころの寝る前の本の定番になってきたのはこちら
1日2テーマと決めて、読んであげていた。
リクエストが多かったのは「エスカレーター・エレベーター」「お菓子工場」「噴水」かな。



最近

最近になってもまだ寝る前は一緒に本を読んでほしい息子くん。
近頃は一緒にコンピュータ専門雑誌を読んでいます。

f:id:toriko0413:20190324004854j:plain

同じ雑誌を読んでも興味のある部分は親子で違ってて、個性を感じます。





さいごに

スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小5息子くんRobloxの『Bus Simulator』に「止まります」ボタン

昨日公開した新作ゲーム『Bus Simulator』なんですけど、今日さらにバージョンアップさせてました。

↓ 昨日公開したRobloxの『Bus Simulator』
siroitori.hatenablog.com

f:id:toriko0413:20190318002719p:plain

バスに「止まります」ボタンがついてるーーーー。

押してみると、

f:id:toriko0413:20190318002759p:plain

ピンポン♪と鳴って、色が変わります。
同時に、画面の右上から右下に、「STOP」ていう表示が落ちてきます。

そして運転手さんが、そのあとにドアを開閉したタイミングで押された状態がクリアされる仕様だそう。

いい!!

息子くん、「バスの停車のボタンって地域限定だったりするっけ?(なじみがない人多い?)」って気にしてたので、
「他の地域でもみかけるからきっと全国共通よ~」って言ったものの、
今あらためて調べてみたら、日本で独自に進化したものみたい。

ブロックスって英語圏の人が中心に遊んでるから、これ何だろって人もいるかもね~。

でもそれはそれでいいね。

今日のアップデートではそのほかにも新しいマップが加わって高速道路ができたとかも言ってました。

↓『Bus Simulator』(※PCのみ対応)
web.roblox.com

小5息子くんRobloxで新作ゲーム『Bus Simulator』作りました

こんにちは。ご無沙汰しております。

小5息子くん(もうすぐ小6息子くん)は相変わらず日々作り続けています。

今日は、公開ほやほやのRobloxで作ったゲームを紹介します。
「完成した!」っていうんで、息子くんに遊び方を教えてもらいました。

※今回のゲームもPC環境のみで動作するよう作っているとのこと。スマホタブレットから動作しませんのでご了承ください。

Bus Simulator

f:id:toriko0413:20190315222117p:plain
↑ 息子くんの運転するバスに乗る私。幸せー!(?)

その名の通り、バスのシミュレーターです。
プレイヤーはバスの運転手か乗客になることができます。
運転手になるか乗客になるかは、ゲームの中でどちら側になるか自分で選べます。

現在、同じようなゲームはあるそうなんです。
実際それで遊んだことがあって、同じように作りたいそして改良したいと思ったようです。

あそびかた

ゲームに入ると、そこはバスターミナルです。
f:id:toriko0413:20190315222502p:plain
f:id:toriko0413:20190315224203p:plain
バスが5台、つけられるようになっています。
うち手前の4つがバス乗り場だそうです。

画面左側にメニューがあります。
「RoTravel[Main]」 …運転手モード
「Passengers」  …乗客モード
運転手/乗客をここのメニューのクリックで切り替えられます。

☆乗客になった場合

乗客になった場合は、誰かほかの運転手が運転しているバスに乗れます。
ぶらりバスの旅にでかけましょう。

乗客が「おれも運転させてくれよ~」と運転席に乗り込もうとすると、
f:id:toriko0413:20190315225100p:plain
こんな風に怒られます。
迷惑なお客様に対する息子くんのこだわりの実装だそうです。
(ゆーても現状は、怒られる前に運転手モードに切り替えたらよさそうなんですけどね)

☆運転手になった場合

運転手にきりかえたとたん、別の場所に来ます。
f:id:toriko0413:20190315230300p:plain
ここは車庫です。

f:id:toriko0413:20190315230355p:plain
「Spawn」(スポーン)て書いたボタンをぽちりと押しますと、その場にバスが出現します。

f:id:toriko0413:20190315230509p:plain
運転席に乗り込むと、運転メニューが現れます。
左側の「>」をクリックすると、

f:id:toriko0413:20190315231125p:plain
「Open Door」「Close Door」とドアの開閉のボタンが表示されます。
それぞれクリックすると、バスのドアが開閉します。いい音がします♪
この「>」で開くGUIメニュー部分、頑張って作ったんだそう。

f:id:toriko0413:20190315231400p:plain
運転席のところについているこれ↑で行先設定もできます。
001:Roblo Bill Roblo Tower
にします。
(Bill ってちょっと英語ちがうきがするんですけどー、まぁいいや)→「Roblo Tower」に変更しました

道路に「001 Turn Right」とか浮かんで表示が出ているので、その通りに行けば目的地につくそうです。
f:id:toriko0413:20190315231746p:plain

f:id:toriko0413:20190315232043p:plain
f:id:toriko0413:20190315232105p:plain
f:id:toriko0413:20190315232125p:plain
バスが近づくとガラス扉が開閉するバス停もあります。

遊んでみてください

web.roblox.com
※Bus SimulatorはPCのみ対応


スター・はてブブログ村リンクとても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村